不登校からの「高校」進学

中学までは義務教育ですから、留年はありませんし、
卒業ができない、ということもありません。

ただしその後は、そうはいきません。

本人にその気があれば、フリースクールから始めて、
まずは人の中でやっていけるようにする、
そこから普通高校を目指すのもいいでしょうし、
「通信制」高校で勉強するという選択肢もあります。

定時制の高校もありますし、
前の記事で紹介したような「高校卒業認定試験」を取って、
大学受験をする、という方法もあります。

親子で話し合って、もしくは本人の希望を尊重して、
一番良い方向を考えてみましょう。

たとえば環境を変えて、実家から離れた親戚の家から
通える学校を探す、というのもいいかもしれません。

このままではいけない、と思っているのは誰よりも本人で
はありますが、同時に多くの不安も抱えています。

高校にちゃんと通えるだろうか?
かつての同級生に会いたくない。
まったく新しいところで始めてみたい。

家で勉強して高認を取り、希望の大学に行きたい、と思って
いるかもしれません。

また、本人の思うようにならず、
高校で留年してしまうこともあるでしょうし、中退することに
なるかもしれません。

親はそこまで考えて、事態が悪化する場合もあること、
その場合どう対応するか、まで考えておきたいものです。

と同時に、できるだけ本人がいい方向に進めるような環境
を選ぶことが大切です。

こちらのサイトは無料で全国の通信制高校などの資料請求
ができます。
どんな学校がどんなところにあるのか、それぞれの学校の
特色を知り、まずは資料を検討して一番適した方向、環境を
考えてみましょう。


ズバット通信制高校比較


出来るだけ多くの選択枝の中から、子どもに合った学校、子どもに
適した方法を選ぶことから、「次」へのステップが始まります。
posted by 学校って何? at 10:47 | 進学について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。